よくある質問

Q1:働いていても障害年金をもらうことは可能でしょうか。
A:障害年金は、原則として働いているという理由で給付額が減額されたり不支給になったりすることはありません。ただし、20歳前に初診日がある20歳前障害基礎年金は、所得制限がありますので減額される場合があります。
Q2:医師に診断書を書かないと言われました。
A:医師が、診断書を書かないと言っているのには、理由があります。例えば、障害年金は認定基準によって判断されますが、医師が認定基準に詳しく、そのうえでの判断で言っているのであれば、認められるのは厳しいかもしれません。しかしながら、それ以外の場合は何かしらの意図があって書かないと言っていると思われます。まずは、その理由を確認してみてください。
Q3:初診日の診断書が残っていないのですが。
A:精神疾患、糖尿病などの腎疾患などは長期間の療養となり、診断書が廃棄されてしまっていることにより初診日がみつからない場合があります。その代わりになるような資料を全て探してみて下さい。病院の診察券、おくすり手帳、処方、健康診断の結果など、それらの積み重ねで初診日が認められる可能性もあります。
Q4:身体障害者手帳1級の手帳を持っていますが、障害年金も1級をもらえるのでしょうか
A:障害年金の等級は、国民年金・厚生年金保険法の「障害認定基準」で定められております。他方、身体障害者手帳の等級は「身体障害者障害等級表」によって定められています。根拠法令が全く異なった制度になります。また、身体障害者手帳は福祉サービスが受けられますのでご確認してください。
Q5:初診日が20歳前なので国民年金の保険料を納付していなかったのですが、障害年金の支給は可能でしょうか。
A:初診日が20歳前の場合は保険料の納付要件が問われません。20歳になった時に障害認定基準の障害等級の状態にあてはまっていれば請求可能です。ただし、障害認定日が20歳以後の場合は障害認定日に請求することになります。
Q6:うつ病で休職中なのですが、障害年金の支給は可能でしょうか。
A:初診日に障害年金の保険料納付要件を満たしていて、医師の診断によりうつ病と診察され、現在自宅で日常生活に支障をきたす状態であれば、支給対象になる可能性があります。