障害年金請求の流れ

3要件の確認
□ 初診日の確認
□ 障害の等級の状態を確認
□ 保険料納付要件を確認
年金事務所等で必要書類を入手
□ 診断書
□ 受診状況等証明書(初診日を証明する書類)
□ 病歴・就労状況等証明書
□ 年金請求書 
受診状況等証明書の取得(初診の病院と現在の病院が同一の場合は不要)
□ 初診の医療機関へ連絡
※カルテの保管状況、訪問または郵送可能か、事前に医療機関に確認
□ 受診状況等証明書の作成依頼(依頼した医療機関より前に、他の医療機関に通院していないか確認)
診断書の取得
□ 診断書作成が必要な医療機関へ依頼(障害認定日・現症)
□ 診断書記載事項に誤りはないか確認(修正の依頼)
病歴・就労状況等申立書の作成
□ 受診状況等証明書、診断書が揃ってから、その内容に沿って書く
□ 発症日、初診日の日付が診断書と一致しているか確認
戸籍等の添付書類を取得
□ 戸籍謄本
□ 住民票
□ 所得証明書
□ 年金手帳(基礎年金番号通知書) 
□ 請求者名義の預金通帳
□ 身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳(所持している場合) 
年金請求書、必要書類を年金事務所等に提出
□年金の支払いに関する通知書と年金証書が郵送される
※年金請求書等を提出してから決定までは約3~6ヶ月程度かかります。